0

SEOと市場調査とニーズの把握

ユーザーニーズに合わせたコンテンツを作ること。これが高いNeeds Met評価を受ける方法です。そのために把握しなければならないのは、「ニーズの内容」です。ニーズに内容を把握して、各ニーズに対してコンテンツを作成すれば良いのです。格安でSEOを行う会社も、ここは押さえているはずです。

とはいえ、すべてのニーズに対してコンテンツをを作成するというのは、簡単ではありません。優先順を付けることが現実的ともいえます。費用対効果でコンテンツ作成の優先順位をつけます。どの程度のコストを支払ってコンテンツを作成すれば、集客はどの程度見込めるか、というようなことを考えるのです。これを算出するのに必要なのが、ニーズの大きさと競合性となります。

作成コンテンツを決定するのに、ニーズの内容とニーズの大きさ、競合性の3つの項目を把握しましょう。ニーズの内容を知るには、検索キーワードから、ニーズの大きさを知るには検索ボリュームから調査します。競合調査は、検索結果の上位に表示される競合サイトの情報から競合性を知るようにします。市場調査の方法として、サービスに関連するキーワードの洗い出し、全キーワードの検索ボリューム調査、収集キーワードのグルーピング、一定の軸に沿ったニーズグループのマッピングとなります。

まず関連キーワードの洗い出しですが、様々な角度から自社の検索されるキーワードを網羅的に洗い出すことです。グルーピングなどの整理は、洗い出しのあとの工程で実施するということで、質よりも量を意識したほうがいいようです。調査の軸となるキーワードを選定しましょう。軸になるキーワードは、重要かつ関連性が最も高いキーワード群となります。ウェブサイトで売っている商品や商品ジャンルのことです。