0

NMNの実用化

肉体的な若さを重視する人にとって、NMNは無視することのできない成分だといえます。

NMNはワシントン大学やハーバード大学で研究が進められている成分で、ビタミンB3の一種で補酵素でもあります。別名若返りのビタミンとも呼ばれていて、若返り志向の強い人やエイジングケア分野で注目を集めます。NMNは様々な生物の細胞内に存在するもので、人体にとっても重要な役割を持つことが分かってきています。

元々は体の中で作られる成分の1つですが、老化が進むと生産能力が低下してしまい、やがて全身に様々な影響が出始めます。影響の代表的なものは細胞核の損傷とミトコンドリア活性の低下で、つまり老化が進む悪循環に繋がるわけです。

若返りのビタミンNMNを補給すると、弱まったミトコンドリアが活性化され、エネルギーの生成促進に至ります。寿命がのびる可能性についても期待されていますから、若返るだけでなく長生きできることになり得ます。

老化を抑制していつまでも若々しく生きられるとしたら、それはまるで夢のような話ですが、NMNなら夢ではなく現実のものとなる可能性を秘めます。

NMNの研究は今も進み、人類が夢見てきた若返りの薬の実現、実用化は後少しのところまできています。”