主任
0

管理業務主任者とは

管理業務主任者という資格が存在しますが、彼らの中にはアパート経営に乗り出している人が大勢います。このことからも分かるように、管理業務主任者の持つ専門的知見は経営に活かすことが出来るのです。

実はこの資格はマンション適正化法の下で生まれました。彼らの仕事は管理業者と管理組合との間に立ち、重要事項を説明することにあります。法的に彼らの存在が重要であるのは、管理業者における彼らの在籍が法的に義務付けられているからです。重要事項の説明に始まり、記名、捺印、事務報告といった作業を独占している彼らは、縁の下の力持ちとも言える存在です。資格を取得するためには、マンション管理適正化法に加え、関係法規も学ばなければなりません。

また管理組合と共に働くことになりますから、ある種の財務が可能でなければなりません。アパート経営に資する資格としては、他に住宅診断士が知られています。住宅診断士は住宅事情に詳しい専門家で、例えば家の劣化に関する知識、その修繕に関する知識を有しています。彼らに診断してもらうと、自宅に劣化しているところが無いか分かりますし、欠陥があればそれを直すための時間、費用を計算してくれます。診断対象は家全体ですから、屋根や外壁はもちろんのこと、室内も床下も見て回ります。機械を使った本格的な調査が行われることもあり、相応の費用が発生します。

日本では遅れている分野であり、今後の活躍が期待されています。住宅診断はアパート経営者にとって非常に大切です。なぜなら、建物の劣化は彼らにとって大きなリスクだからです。劣化が原因で借り手が見つからなくなれば、収益が見込めなくなります。高級賃貸であれば、それによる損害はさらに甚大になりかねません。しかし素人が見ただけでは判断することはできませんから、専門家である住宅診断士に委ねるのです。住宅診断士からアドバイスを貰うと、それに従って改修計画を立てることが出来ます。