看護師のスキルと評価
0

看護師のスキルと評価

日々の患者さんの対応数を変えず、前もって更なるリソースの必要性を増やさず、専門的な知識と経験と資格が必要な医師の業務を再編成する。
考えれば考えるほど難しい議題のように思えます。
少なくとも、医師の業務を補佐する人には、最低限の医療知識が不可欠でしょう。
では、病院内において、医師に次いで医療知識をもち、患者の状態を把握しているのは誰か。
それは当然現在医師のサポートを行っている「看護師」でしょう。
そう考えてみると、ようやく問題解決の糸口が見えてきます。ざっくり話すと、医師の業務の可視化を行ったうえで、看護師へ業務を移していくことを進めていけば、医師の負担を減らすことも実現できる可能性が考えられます。
そこから派生した病院内の業務移譲の余波を、流れに沿って上流(専門分野)から下流(より専門性を必要としないポジション)へ調整していけば、現状に沿った医療環境の最適化ができるのではないでしょうか。
つまり、まずは医師の業務や看護師の役割を見直すことからはじめてみること、これは一つの有効な指針だと思います。