0

犬の謎の行動について

犬がサークルの中でつかまり立ちをして日本足で立っている姿をよくみるかと思います。これは、自分の存在に気づいてもらうためのパフォーマンスだそうです。注目度が高いということをわかってやっているそうです。散歩中に二本足で立つ時は、気がせっているときだそうです。とにかく早く行きたい、突進したいという思いをリードで邪魔をされているので、立ち上がって精一杯抵抗しているそうです。寝転がって地面にからだをこすりつけているときがありますが、これはお気に入りの臭いをからだに塗りつけているのだそうです。草の臭いだったりと自然の臭いを身にまといたいといったところのようです。中には虫やカエルの死骸の臭いが好きというのもいるそうです、これらを塗りつけている場合もあるそうです。また、これにはいいものを見つけたというアピールという説もあるそうです。口を開いて舌が出しっぱなしというときは、暑いという訴えだそうです。犬というのは足の裏にしか汗腺がなくて、ほとんど汗をかかないそうです。そのため、口を大きく開けて呼吸するのだそうです。空気をたくさん取り込んで体温を下げようとしているそうです。犬にはマズルの中で空気を冷却するという体温調節法があるそうです。バグやブルドッグなどのマズルが低い犬種は、熱い空気がそのまま体内に入ってくるそうで、暑い夏は嫌いだそうです。ブルドッグっていつも舌を出しっぱなしのような気がしていましたが理由があったんですね。あまりにも暑そうにしている場合は暑さ対策をしてくれる犬グッズもあるそうなので調べてみるといいかもしれません。前足で目を隠す仕草をしているときは、目がかゆいのだそうです。眩しいわけではないそうです。前足で顔を隠すような仕草は可愛いですが、もしかしたら食物アレルギーがあるかもしれないそうなので、病院で調べた方がいいそうです。