英会話
0

地域ごとの英会話を学ぶ

近年、日本でも英語への関心は高まっており、企業に就職する際にも英語のスコアを採用基準に入れている会社も多くあります。英語は世界共通語と言われていますから、グローバル化していく世の中で、英語は欠かせないものになってきます。そのような風潮の中で英語に興味を持つ人、話せるようになりたいと思う人も多いのではないでしょうか。英語に興味がある人は、地域によって英語にも訛りがあることを知っているという人も少なくないと思います。

特にアメリカ英語とイギリス英語ではアクセントや単語の違い、表現方法の違いなどがあります。イギリスは移民大国のため、さまざまな英語が入り混じっているため、初めてイギリス英語を聞く人はアクセントなどの違いから聴き取れない場合もあるかもしれません。しかし、どのような特徴があって、アメリカ英語とイギリス英語で使用する単語がどのように違うのかを知っていたら、少しは聴き取れる英語も増えると思います。イギリスに旅行の予定がある方、イギリス人と接する機会のある方はイギリス人が現地でよく使用するネイティブな言葉を学んでみましょう。スラングと言われる言葉がありますが、これは必ずしも、使いにくい言葉というわけではありません。一般的には普段使いのフレーズとして現地の人は使用していることが多いので、覚えておくと便利かもしれません。初めは少し聞きなれないかもしれませんが、ネイティブの人と話すために欠かせない言葉となるので、積極的に使用してなれていきましょう。