0

名刀の模造刀

安土桃山時代に、昔の刀剣を真似るリバイバルが流行るようになったようです。

現代においても、流行は、繰り返すなどとも言われていますが、当時は、昔から伝承される日本刀の中でも名刀をコピーするようなことが流行っていたようなのです。

現代のように3Dコピー機などのテクノロジーのない時代では、名刀をコピーする技術は、刀工たちによって試行錯誤の中で行われていたのではないでしょうか。そのような、名刀のリバイバルブームの中で、脚光を浴びた名工が、「国広」と呼ばれるじ人物であります。

「国広」は、名刀のコピーの腕は、さることながら刀鍛冶に関する技術は大変優れたものがあったようです。

現代においても、多くの模造刀は作られておりますが、「国広」のように、刀職人としての長年の経験と勘を頼りに、名刀を作り出すご術は、当時の刀工たちの優れた技や鍛錬によるものが大きいのではないかと思われます。

「国広」の作品は、コピーであることを知った人々の手によって、長い歴史の中で現代に至るまで伝承されてきました。