検査
0

便にまじる血液

便潜血というのは、便の中に血液が混入しているかどうかを調べる検査だそうです。現在は人間ドックで検査が可能ですが、赤血球由来のヘモグロビンを検出する方法の免疫学的便潜血検査というのが主流だそうです。

この方法は、胃・食堂などの上部消化管からの出血では、胃酸・消化酵素の作用、さらには腸内細菌による変性あるいは分解によって検出が困難となるそうです。したがって、便潜血の検査は大腸からの出血を検出するものといえるそうです。便潜血の検査は、病気をふるい分けるためのスクリーニング検査として広く利用されているそうです。健康診断の中でも重要な項目といえるそうです。とくに大腸がんの早期発見のためには欠かせないといえるそうです。日本は欧米に比べて大腸がんが少ないと言われていたそうですが、食生活の欧米化ということもあって、大腸がんは増加しているそうです。便潜血検査というのも重要となっているそうです。痔疾などの肛門周辺の病気なども、陽性になったりするそうです。基準値は陰性だそうです。陽性のときのおもな病気として、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患、その他の下部消化管出血を生じる疾患が診断されるそうです。検査の精度を上げるために、採便方法や検査までの検体保管方法に注意する必要があるそうです。指示通りに検体を採取して、取り扱うということが重要だそうです。検体は数箇所から採取すること、トイレの洗浄水に添加されている消臭剤や消毒液が混入しないようにしなければならいそうです。便潜血では時間の経過とともに、ヘモグロビンが変性するということがあって偽陰性率が上昇したりするそうです。採取したらすみやかに検査をするということが重要だそうです。もしやむを得ず保存するということならば、冷蔵することが望ましいそうです。また、2日続けて便を調べる2日法のほうが検出率が高まるそうです。