肩こり
0

「自律神経失調症」とセルフコントロール

人間の身体の機能を司る、自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」が交互に働き合って、私たちの身体の様々な機能の働きを見守ってくれています。現代社会の中に、蔓延するストレスは、この自律神経を乱すなどとも言われています。自律神経がうまく機能しなくなってしまうことで、交感神経が過度に働きすぎてしまうというような症状が多くの現代人に出ているようです。このような症状を、「自律神経失調症」などというような診断で呼ばれることがありますが、過度に働きすぎた交感神経を休めるために、仕事の合間などに、小休憩を入れたり、深呼吸をすることが、気分転換やリラックスにつながり身体や自立神経を休めることになるなどと言われています。自律神経の乱れは、頭痛や、肩こり、腰痛などプチ体調不良などと呼ばれる日々の慢性的な体調不良を起こしやすいなどと言われています。また、生活習慣病なども含め、様々な疾患の原因にもなりかねませんので、ストレスを感じるような日常生活の中では、意識的にリラックスをすることや、腹式呼吸をして深呼吸を行うことで呼吸を整えるなどの自主的なセルフコントロールが必要であるようです。